関西スーパーnews|蒲生店で移動スーパー「とくし丸」13号車開業

(株)関西スーパーマーケット(兵庫県伊丹市、福谷耕治社長)は、大阪市城東区にある関西スーパー蒲生店を拠点として、5月15日(金)から、移動スーパー「とくし丸」13号車を開業する。

「とくし丸」は、買物支援や巡回訪問時の見守り・防犯協力の役割を果たす。関西スーパーでは2017年1月に中央店(兵庫県伊丹市)で1号車を開業して以降、兵庫県下、大阪府下で事業エリアを拡大してきた。

13号車を運営するのは個人事業主の高垣裕一さん。高垣さんは関西スーパー蒲生店から約400品目の商品を小型の専用トラックに積んで、高齢者、体の不自由な人など来店できない人の自宅や、老人ホームなどの高齢者施設を訪問して販売する。決まった3コースを毎週1~2回ずつ巡回訪問する。

巡回訪問エリアは大阪市城東区(成育、今福西、今福南、放出西、天王田、中浜)、旭区(新森、清水)、東成区(深江南、中本)。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧