ウォルマートnews|従業員が清算機器をもって売場でチェックアウトする

ウォルマートが新しいチェックアウト・サービスを11月1日から展開している。サンクスギビングデーに向け、さらにその先のホリデーシーズンで先行する狙いがある。

客数が多いサンクスギビング週間やホリデーシーズンには、レジでの待ち時間が多くなる。ウォルマートの競争上の一番のボトルネックだ。

そこで、クレジット・カードの利用客に対して、精算機器を持った従業員が売場でチェックアウトする。

このシステムは今年4月に、ウォルマートのガーデンセンターで実験的に導入された。ネーミングは「チェックアウト・ウィズ・ミー」。レシートも清算機器から、その場で発行される。

また、同社のアプリをアップデートすれば、音声認識によって商品の陳列場所案内をしてくれる。また、買物リストの「ホリデー・リスト」も自動更新される。どちらも11月初めから導入されるが、アプリ活用の購買を進めるために必死の様相だ。

ウォルマートは、今年のホリデーシーズン中、サンタクロースと写真を撮るサービスも展開する。4500店で、トータル19万件のイベントを計画する。

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧