カインズnews|相模原相川インター店/東大阪店など4店舗の従業員感染

(株)カインズ(埼玉県本庄市、高家正行社長)は、11月27日(金)に相模原愛川インター店(神奈川県相模原市)、 草加松原団地店(埼玉県草加市)、28日(土)に東松山高坂店(埼玉県東松山市)、東大阪店(大阪府東大阪市)のそれぞれの店舗において従業員が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

相模原愛川インター店の従業員は11月19日(木)が最終出勤日で、9時25分~18時の間レジでの会計業務を担当していた。24日(火)同居家族がPCR検査受験の結果「陽性」と判明。26日(木)本人が濃厚接触者として特定され、PCR検査を受検し、翌27日 陽性と判明した。同店は23日(月)閉店後に店内消毒を実施した。保健所への確認の結果、濃厚接触者なしと確認が取れているため、通常営業している。

草加松原団地店の従業員は、25日(水)が最終出勤日で、7時40分~10時30分の間、商品補充業務を担当していた。同日夜間に同居家族と本人が発熱症状を発症。26日(木)医療機関を受診し、PCR検査を受検し27日(金)陽性が判明した。同店は27日17時から臨時休業し店内の消毒作業を行った。また保健所の指導のもと濃厚接触者の特定が完了していることから、28日から通常営業をしている。

東松山高坂店の従業員は、27日が最終出勤日で、ペッツワン内にて勤務していた。同日同居家族がPCR検査受検し陽性と判明。28日に本人が濃厚接触者として特定されたことからPCR検査を受検、陽性と判明した。同店は28日19時から臨時休業し店内の消毒作業を行った。また保健所の指導のもと濃厚接触者の特定が完了していることから、29日から通常営業をしている。

東大阪店の従業員は、22日(日)が最終出勤日で、レジでの会計業務を担当していた。27日に体調不良となり、医療機関を受診しPCR検査を受検。28日に陽性と判明した。同店は28日に店内の消毒作業を行った。また保健所の指導のもと濃厚接触者の特定が完了していることから、29日から通常営業をしている。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新型コロナ 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧