アマゾンnews|環境省の「つなぐ絆、つなぐ命」の第1号パートナーシップ締結

CSR

アマゾンジャパン合同会社(東京都目黒区、ジャスパー・チャン社長)は8月30日(月)、環境省が進める犬猫の譲渡拡大を推進するための新たなパートナーシッププロジェクト「つなぐ絆、つなぐ命」の第1号の連携先として、環境省とパートナーシップを締結した。

アマゾンでは、2019年6月から「動物保護施設 支援プログラム」を開始している。動物保護施設への支援を目的に、全国各地の動物保護施設をAmazon.co.jpのサイト上で紹介するというものだ。また、それぞれの動物保護施設が希望する物資を掲載する「ほしい物リスト」を活用してアマゾンの顧客から支援を募り、各保護施設の活動推進に必要な物資の提供をしてきた。

ただ保護犬・保護猫をペットにしたい人にとって、「近隣の信頼できる動物保護施設を把握することが難しい」「保護犬・保護猫の譲り受けに関する情報が不足している」といった状況があり、保護犬・保護猫の譲渡が拡がらない課題とされてきた。

アマゾンは、「つなぐ絆、つなぐ命」との連携を機に、これまで推進してきた「動物保護施設 支援プログラム」をリニューアルし、新たに「保護犬・保護猫 支援プログラム」として展開していく。また環境省は地方自治体に、地方自治体は全国の動物保護施設に「保護犬・保護猫 支援プログラム」への参加を呼びかけていく。アマゾンでは行政と連携することで、保護犬・保護猫の譲渡に必要な情報発信やサポートを進めることで、ペットとの共生社会を目指す。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧