関西スーパーnews|兵庫県伊丹市の自宅療養者物資支援事業へ協力

CSR

(株)関西スーパーマーケット(兵庫県伊丹市、福谷耕治社長)は、兵庫県伊丹市(藤原保幸市長)が実施する新型コロナウイルス感染症の自宅療養者物資支援事業の委託先として協力する。期間は2021年9月22日(水)から2022年3月31日(木)まで。

この物資支援事業は、保健所等により自宅療養を指示された陽性者に、療養期間である10日間のうち5日間分(県が実施する5日間を除く)の食品と日用品を物品購入・封入・配送を行うというもの。物品はパックごはん、レトルト食品、缶詰の食料品とマスク、体温計など。

伊丹市からの依頼があれば、店舗で提供する商品を封入し、翌日に「ネット関西スーパーらくらく宅配便」を活用して置き配配送する。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧