ココカラファインnews|スギHDと経営統合協議開始/マツキヨとの協議も継続

M&A

(株)ココカラファイン(神奈川県横浜市、塚本厚志社長)は6月1日(土)、スギホールディングス(株)(愛知県大府市、榊原栄一社長)と、経営統合に関する検討および協議を開始すると発表した。7月30日(火)を目途に、基本合意書の締結を目指す。

ココカラファインは日本全国にドラッグストア・調剤薬局を1354店舗を展開している(2019年3月末現在)。このうち調剤薬局が292店舗ある。もともとは関西に駅前小型薬局を多店化していたセガミメディクス(株)と、同じく関東で駅前小型薬局を展開していた(株)セイジョーが2008年に経営統合したて、ココカラファインホールディングスが誕生した。その後、次々に薬局やドラッグストアを傘下に収めて、M&Aを推進する企業である。2018年には中部地方のリージョナルチェーンの(株)バローホールディングス、さらに今年5月には(株)エイチ・ツー・オーリテイリングと提携して、多角化を図っている。介護周辺事業との連携も推進して、地域における在宅医療・介護を一体的に提供する「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を社会的使命と位置づけて推進している。

一方、スギホールディングスは、ドラッグストア業界6位のスケールの企業だ。健康維持・予防から介護・終末期のケアまでを一貫してサポートする「トータルヘルスケア戦略」の実現に向けてさまざまな施策を積極的に推進している。店舗数はドラッグストア・調剤薬局1190店舗。調剤実施店舗は833店と多くて、薬剤師を多数抱えるドラッグストアとしてユニークなポジショニングを構築している。。

今回の統合が実現すると仮定して、2社の直近の売上高を単純に足し算すると8890億2300万円となって、業界1位のイオングループのウエルシアホールディングス(株)の売上高7791億4800万円(2019年2月期決算)を上回り、トップに躍り出る。また店舗数は、単純計算で2544店舗となるため、1位のツルハホールディングス2055店(2019年2月15日時点)を超える。

さらに、ココカラファインは2019年4月26日、マツモトキヨシホールディングスとの資本業務提携に関する検討及び協議開始のお知らせを公表している。2社との協議は今後も継続する方針だ。

ココカラファインがドラッグストア業界の台風の目になってきた。そんな気配がする。

■スギホールディングス(株)
本店所在地/愛知県安城市三河安城町一丁目8番地4(登記上の本店所在地)
代表者/榊原栄一代表取締役社長
資本金/154億3400万円
設立年月日/1982年3月
発行済株式数/6333万0838株
決算期/2月末
直近の連結経営成績及び連結財政状
2017年2月期/売上高4307億9500万円、営業利益228億3200万円、経常利益238億7500万円、純利益149億4700万円
2018年2月期/売上高4570億4700万円、営業利益258億1700万円、経常利益259億円、純利益164億1100万円
2019年2月期/売上高4884億6400万円、営業利益258億1700万円、経常利益272億3700万円、純利益179億4000万円
店舗数/1190店舗(うち調剤実施店舗833店舗)

■(株)ココカラファイン 概要
本店所在地/神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目17番6号イノッテクビル
代表者/塚本厚志代表取締役社長
資本金/10億円
設立年月日/2008年4月1日
発行済株式数/2547万2485株(2019年3月末日現在)
決算期/3月末日
最近3年間の経営成績及び財政状態決算期/
2017年3月期/売上高3772億0300万円、営業利益101億5900万円、経常利益125億07万円、純利益703億700万円
2018年3月期/3909億6300万円、営業利益137億1200万円、経常利益160億1900万円純利益90億6700万円
2019年3月期/4005億5900万円、営業利益129億1500万円、経常利益152億3300万円、純利益91億5800万円
店舗数/ドラッグストア・調剤薬局1354店舗(うち調剤薬局292店舗)

関連カテゴリー

M&A

M&A 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧