ユニクロnews| ジル・サンダーとのコラボ’20秋冬コレクション11/13展開

(株)ユニクロ(山口県山口市、柳井正会長兼社長)は、伝説的デザイナー ジル・サンダー氏とコラボレーションした2020年秋冬コレクションを11月13日(金)からユニクロ48店舗とオンラインストアで展開する。

2009年、ユニクロと伝説のファッションデザイナー ジル・サンダー氏によるコレクション「+J」が誕生した。このコレクションは着やすさと手頃さ、そして高品質のアイテムによって生活の質をより良くするというミッションのもとでスタートした。「+J」はユニクロとジル・サンダー氏個人とのコラボレーションであり、JIL SANDER(ジル サンダー)ブランドとの関係はない。

「+J」の新たなコレクションはウィメンズ、メンズそれぞれに汎用性に富んだアイコニックなアイテムで構成されている。そのエッセンシャルなデザインとクオリティは、新しい時代にふさわしい現代のグローバル ユニフォームそのものと言える。ポケット、ジッパーやステッチ、カラーコントラストが際立つライニングなどの細かなディテールに、「+J」ならではのワークマンシップが息づいている。

アウターのラインナップは、メンズ・ウィメンズともに展開するハイブリッドダウン、現代的にアップデートされたメンズのリブブルゾン、ウィメンズのカシミヤブレンドチェスターコートなど、いずれもほどよいボリュームと美しいシルエットが特徴的だ。

セットアップにもなるテーラードジャケットとパンツはペーパーライクなウールの素材感が「+J」らしさを物語っている。オーバーサイズシャツにはクラシックなホワイト、アイボリー、ブラックに加え、遊び心のあるカラーコントラストのパターンも取り入れた。ニットは繊細なファインゲージのカシミヤとエクストラファインメリノで構成されている。ニットワンピースや立体的なシルエットのスカートは、躍動的かつ上品だ。

商品ラインナップはウィメンズ32アイテム、メンズ25アイテム、グッズ4アイテム。アウター7900円~2万4900円、パンツ3990円~9990円、スカート6990円、シャツ3990円~8990円、カットソー 1990円~4990円、ニット3990円~1万2900円、ドレス4990円~5990円、アクセサリー2990円~9990円。


ジル・サンダーのプロフィール。
ドイツ生まれ。女性誌のファッションエディターとしてキャリアをスタート。1968年に自身の名を冠したブランドを設立した。80年代からミラノコレクションへ参加し、時代を先取りしたデザインで国際的な成功を収める。2009年、ユニクロと「Open the Future」をコンセプトに「+J」コレクションを発表し、新たな服の可能性を切り開く。

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧