ユニクロnews|ルーヴル美術館とパートナーシップ契約を締結/Tシャツ発売

(株)ユニクロ(山口県山口市、柳井正会長兼社長)は 2021年からパリのルーヴル美術館と4年にわたるパートナーシップ契約を結ぶ。

歴史的アートの素晴らしさを世界中の人に伝えたいというルーヴル美術館とユニクロの共通の願いを実現するため、無料入館プログラムやルーヴル美術館の所蔵品をモチーフにしたコラボレーション商品の開発・発売など、アートに触れるさまざまな機会を提供する。

ユニクロは今春からルーヴル美術館が企画する二つのプログラムをサポートする。

1つ目は「フリー・サタデー・ナイト」。ルーヴル美術館が2019年1月から実施している無料入館プログラムで、1年間で約16万人を動員した。通常の閉館時間は午後6時だが、毎月第1土曜日は午後9時45分まで延長して、ルーヴル美術館を構成する3つの翼(「シュリー翼」「ドゥノン翼」「リシュリュー翼」)を開放する。作品鑑賞はもちろん、かつては王宮だった壮大な建築を、夜の落ち着いた雰囲気で堪能することができる。

2つ目は主に家族連れを対象にした教育プログラム「ミニ・ディスカバリー・ツアー」。このプログラムは毎週水曜・土曜・日曜に、館内の各拠点で実施される20分のミニツアーで、2020年7月にスタートした。子どもやアートに馴染みがない訪問者に、専任のスタッフが新しい視点で展示作品を紹介する。

ユニクロはこれまでにニューヨーク近代美術館(MoMA)、ロンドンのテート・モダン、ボストン美術館(MFA)、バルセロナ現代美術館(MACBA)など、世界を代表する美術館とパートナーシップを結び、入館無料プログラム、コラボレーション商品発売、イベント企画などに取り組んできた。

パートナーシップの一環として2月5日(金)、ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」からコラボレーション商品「ルーヴル美術館コレクション」第一弾を発売する。ユニクロ一部店舗およびオンラインストアで扱う。2024年までの間に、UTから継続的にコラボコレクションを発売していく。

メンズのコレクションを手掛けたのはイギリスを代表するグラフィックアーティスト、ピーター・サヴィル氏で、「Art and Logic(アート アンド ロジック)」がテーマ。

ピーター・サヴィル氏は、ルーヴル美術館の所蔵品すべてにつけられている「目録番号」や芸術作品の構図に用いられる「黄金比」など、アートに潜むロジック(論理)に着目し、デザインの要素として取り入れた。

ルーヴル美術館は約3万5000点の作品を8部門に分けて展示しており、メンズコレクションはその幅広さを紹介するため、4つの展示部門からそれぞれの代表的な作品をセレクトした。「モナ・リザ」「サモトラケのニケ」「ミロのヴィーナス」など誰もが知る名作が、ピーター・サヴィル氏の洗練されたグラフィックによって新しいアートとして生まれ変わった。

Tシャツは6柄で1500円(税抜き、以下同じ)、 スウェットフーディは4柄で2990円。

一方、ウィメンズはUTオリジナルデザインで展開する。さまざまな「女性の姿」を描いた作品にフォーカスし、「Diversity(多様性)」をコンセプトとしてデザインした。ミステリアスな微笑みを浮かべる「モナ・リザ」、献身的な聖母を描いた「聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ」、官能的な「オダリスク」など、巨匠たちが残しさまざまな女性の姿に花のモチーフを掛け合わせ、鮮やかなグラフィックTシャツとして提案した。また、スウェットはシンプルなラインアートによって、女性が主役の歴史的名作をモダンに表現した。

Tシャツは6柄で1500円、スウェットシャツは4柄で1990円。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧