サミットnews|店内販売の生鮮素材使用「鍋セット」9アイテム刷新

サミット(株)(東京都杉並区、服部哲也社長)は9月22日(水)~3月中旬(予定)の期間、味と具材を一新した「生鮮素材を使用した鍋セット(一人用)」をサミットストア全117店で販売する。

「生鮮素材を使用した鍋セット(一人用)」は、ちょうど良いサイズと手軽さが人気だ。鍋用の野菜、肉、魚介はすべて店舗で販売している商品と同じものを使用し、店内で加工している。つくりかたは簡単で、つゆを水で希釈してコンロにかけるだけでよい。使用している「アルミ鍋」はIH(電磁調理器)でも利用できる。全9品で、価格は各498円(税抜き)。

商品の概要は以下の通り。
•「あごだし仕立ての海鮮寄せ鍋」

鍋つゆには、枕崎産かつお節と国産焼あごだしを使用した一番だしを配合した。「たら」「さけ」「ボイルほたて」などの海鮮具材を中心に「国産野菜(白菜、にんじん、ぶなしめじ、長ねぎ)」「豆腐」を盛り込んだ。

•「藻塩を使った海鮮塩ちゃんこ鍋」

鍋つゆは、かつおと昆布のエキスに藻塩を加え、まろやかな味に仕上げた。「たら」「カネテツ ほぼカニ(かに足カマボコ)」「もち入り巾着」に、「国産野菜(白菜、にんじん、ぶなしめじ、長ねぎ)」「豆腐」を盛りこんだ。

•「魚介の旨みがたっぷり海鮮チゲ」

鍋つゆには白味噌をベースに唐辛子、豆板醤、ごま油を使用して風味よく仕上げた。具材には、4種類の魚介(「たら」「有頭赤えび」「ボイルやりいか」「あさり」)と「国産野菜(白菜、にんじん、ぶなしめじ、長ねぎ)」「豆腐」を盛りんだ。辛さのなかにも魚介の旨みが味わえる。

•「赤みそ仕立てのまろやか北海石狩鍋」

鍋つゆは、北海道にある「石狩鍋」の有名店の味を参考に開発した。赤みそをベースに酒粕を加えてまろやかな味に仕上げた。「さけ」を中心に、「国産野菜(白菜、玉ねぎ、にんじん、ぶなしめじ、ささがきごぼう、長ねぎ)」「豆腐」を盛り込んだ。最後にバターを加えるとおいしいと提案している。10・11月の期間限定商品。

•「国内産若どり和風ちゃんこ鍋」

鍋つゆは、醤油ベースに香味野菜(にんにく、生姜、玉ねぎ)と少量のポークエキスを加え、旨みのある味に仕上げた。「国内産若どりもも」を中心に、「国産野菜(白菜、にんじん、ぶなしめじ、長ねぎ)」「豆腐」を盛り込んだ。

•「旨辛キムチ鍋(国内産豚ばら肉使用)」

鍋つゆは、味噌ベースに益都(えきと)唐辛子とコチュジャンのコク、さらに豆板醤・天鷹唐辛子のピリッとした辛さを味わえるように仕上げた。「国内産豚ばらうす切り」「国産野菜(白菜、にんじん、ぶなしめじ、にら)」「豆腐」を盛り込んだ。

•「九州産赤どり旨だし水炊き鍋」

鍋つゆは、素材本来の美味しさを堪能してもらえるよう、塩味に仕上げた。本場九州の水炊きに使われる「生つみれ」がアクセントになっている。「九州産赤どりもも」と「みつせ鶏の生つみれ」をメインに、「国産野菜(白菜、にんじん、ぶなしめじ、長ねぎ)」「豆腐」を盛り込んだ。

•「あごだし香るプルプル牛もつ鍋」

焼あごだしに魚醤とにんにくを加えて味に深みとコクを出した醤油ベースの鍋つゆを使用している。多めの「アメリカ産牛もつ(シマチョウ)」と、もつ鍋に欠かせない「国産野菜(キャベツ、にんじん、にら)」「豆腐」を盛り込んだ。

•「にんにくとんこつ鍋(国内産豚ばら肉使用)」

鍋つゆは、とんこつと旨みのある白湯スープをベースに、炒めにんにくを加えて香りを引き立たせた。「国内産豚ばら肉」を中心に、「国産野菜(キャベツ、にんじん、ぶなしめじ、にら)」「豆腐」を盛り込んだ。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧