セブン&アイnews|不正アクセスで井阪社長など報酬一部返上、小林強社長退任

(株)セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区、井阪隆一社長)は10月10日(木)、子会社の(株)セブン・ペイが運営していた7Payの不正アクセス問題を受けて、関係役員の役員報酬を自主返上すると発表した。

また小林強社長は10月10付で退任する。後任には水落辰也取締役が就任する。

セブン&アイHDの井坂隆一社長と後藤克弘副社長兼デジタル推進本部長は月額報酬の30%を3カ月間、(株)セブンーイレブン・ジャパンの粟飯原勝胤執行役員システム本部長は月額報酬の10%を3カ月間、自主返上する。

 

関連カテゴリー

人事 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧