12月ドラッグストア統計|販売額7736億円5.8%増/年間販売額は8.3兆円

経済産業省大臣官房調査統計グループが発表した「商業動態統計速報」によれば、12月のドラッグストア販売額は7736億円、前年同月比5.8%増だ。店舗数は1万9021店で、前年同月比3.2%増加した。

商業動態における商業とは小売業と卸売業の総称である。速報は小売業・卸売業を営む企業と事業所・店舗の事業活動に関する動向を把握することを目的に毎月調査される。

商品別にみると、食品が12.0%増、調剤医薬品9.5%増、ビューティケア(化粧品・小物)が8.9%増、健康食品が6.8%増、家庭用品・日用消耗・ペット用品が5.8%増、トイレタリーが4.4%増だった。

一方で、ヘルスケア用品(衛生用品)・介護・ベビーが▲8.6%、その他が▲7.5%、OTC医薬品が▲3.9%となった。

なお、2023年通年のドラッグストア販売額は8兆3443億円、前年比は8.2%増加した。

主要ドラッグストア8社の12月の既存店売上高と全店売上高は以下の通り。

ウエルシアホールディングス(株)
既存店売上高 ▲1.0%(客数▲1.1%、客単価+0.1%)
全店売上高  +0.3%(客数+0.6%、客単価▲0.3%)

(株)ツルハホールディングス
既存店売上高 +1.3%(客数▲0.6%、客単価+1.9%)
全店売上高(2637店) +4.1%(客数+2.2%、客単価+1.8%)

(株)マツキヨココカラ&カンパニー
既存店売上高 ▲1.0%(客数▲1.3%、客単価+0.3%)
FC売上高  +10.1%
全店売上高  +1.4%(客数+0.8%、客単価+0.6%)

(株)スギホールディングス
既存店売上高 +4.8%(客数+1.2%、客単価+3.6%)
全店売上高(1692店) +9.4%(客数+6.6%、客単価+2.6%)

(株)コスモス薬品
既存店売上高      +8.5%
全店売上高(1435店) +16.5%

(株)クリエイトSDホールディングス
既存店売上高 +4.3%
全店売上高  +9.2%

(株)カワチ薬品
既存店売上高 ▲1.1%
全店売上高(372店)  ▲1.8%

(株)サンドラッグ ドラッグストア事業
既存店売上高 +4.4%
全店売上高  ▲0.3%

関連カテゴリー

統計 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧