ダイエーnews|新松戸店を「イオンフードスタイル」転換8/30オープン

(株)ダイエー(東京都江東区、近澤靖英社長)は、8月30日(金)に、「ダイエー新松戸店」をリニューアルし、「イオンフードスタイル新松戸店」としてオープンする。

ダイエーは首都圏と京阪神地域における事業領域エリアで、「おいしく食べて“ココロとカラダ”健康に」をコンセプトとする新フォーマット「イオンフードスタイル」への既存店の転換を進めている。その一環としてのリニューアルである。

この店舗は、1981年に開業したダイエーの総合スーパーだったが、スケートリンク「新松戸アイスアリーナ」を併設していて、話題を振りまいた。2015年1月にダイエーがイオンの子会社となって、次々にイオンスタイルに転換されたが、千葉県で最後まで残ったダイエーだった。いよいよ新松戸店のリニューアルである。

店舗は6階建てで、5階・6階は駐車場。2018年10月に生活品や衣類品のフロアだった3階・4階はテナント専門店へ入れ替える改装が施されている。したがって今回のリニューアルは1階・2階の2フロアをイオンフードスタイルに変える。

同店は、JR新松戸駅から徒歩8分に位置し、1km商圏内に約4万人、約1万9000世帯を有する。2人以上の世帯数が多く、2~3人世帯が全体の約半分を占める。

メインの食品売場は、中食売場を拡張して品揃えを強化する。

できたてごちそうメニューを気軽に楽しめる肉バル「ちょいゴチ」コーナーを、全店では3店目、関東エリアでは初めて導入する。

この「ちょいゴチ」コーナーでは第1に、オリジナルの国産黒毛和牛「さつま姫牛」や「プライムビーフ」を使用し、真空低温調理で肉の旨みを閉じ込め、仕上げにカリッと焼き上げた「さつま姫牛イチボステーキ」や「プライムビーフ肩ロースステーキ」、肉の旨みがデミグラスソースとイタリア産トマトソースで味わえる「プライムビーフのハヤシライス」といった肉メニューを中心に、全20種類のフードメニューを提供していく。「プライムビーフステーキプレート」や「プライムビーフ焼肉プレート」など、平日限定のランチメニューも揃える。

第2に、店内で販売している中から選んだワイン、クラフトビール、ソフトドリンクなどのドリンクメニューも提供する。

第3に、この「ちょいゴチ」コーナーを支える機能として、中食売場を従来の約1.5倍に拡大する。店内焼き上げのベーカリーは従来の約1.2倍となる約80品目を展開。

さらに第4に、イートインコーナーの席数は従来の約1.6倍となる240席に拡げる。

まだ第5に、ヘルス&ウエルネスをテーマに、旬のフルーツを使用したタルトやムース、ゼリーなど約15品目のスイーツを揃える「D’s Desert」を展開するが、これは同社初の試みとなる。

■イオンフードスタイル新松戸店
住所/千葉県松戸市新松戸3-2-2
オープン日時/2019年8月30日(金)
店長/矢田英資(やだえいすけ)
売場面積/4909坪(直営1494坪、SC3415坪)
営業時間/1階~2階9:00~22:00、3階~4階10:00~21:00
フロア構成/1階:薬・調剤薬局、化粧品、衣料品、2階:生鮮食品、加工食品、一般食品、デリカテッセン、ベーカリー、 イートイン、花、日用消耗品、3~4階専門店、5階・6階:駐車場

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧