ジョイフル本田news|3/15プロショップ「本田屋柏豊四季店」(301坪)開設

(株)ジョイフル本田(茨城県土浦市、細谷武俊社長)は3月15日(月)、千葉県柏市に工具・金物・作業服のプロショップ3号店「本田屋 柏豊四季店」をオープンする。

2018年3月にオープンした1号店「本田屋 千葉都町店」(千葉市中央区)、2020年9月に開店した2号店「船橋夏見台店」(千葉県船橋市)と同様、「職人の店」をコンセプトに、プロユースに対応する専門店として、地域のプロの要望に対応できる店づくりを目指す。

3号店は売場面積約300坪と、2号店(約200坪)の品揃えにさらに深みと幅をもたせることで、今後の多店舗展開も見据えた新フォーマットとなる。

品揃えのベースとなる工具と作業服の取り扱い点数を1割以上増やしたほか、2号店ではスペースの制約上品揃えできていなかったエンジン工具や菅材に至るまで取り扱いを拡充した。建築・建設・土木・鳶・大工の業種はもとより、電気・設備・塗装・造園の業種までターゲット層を拡げ、新たな要望にも積極的に応えていく。

店舗の特徴は4つある。

第1は工具・作業服の圧倒的な品揃え。
高機能・ハイスペックな商品も豊富に揃える。現物を手に取って使い勝手やフィット感を比べることができるというリアル店舗の強みを打ち出す。電動工具は500品目、ラチェットは100品目、ビット類は550品目、工具全体では1万5000品目(2号店比で2000品目増)を在庫する。また、ブランド作業服は1500品目、安全靴は200品目、革手・軍手類は650品目、作業服全体では4000品目(2号店比で1000品目増)の品揃えだ。

第2は逸品(一品)にこだわったナショナルブランド(NB)中心の品揃え。

第3は、顧客の要望に基づいた品揃えの拡充。

第4は、各種サービスの充実。
名入れ、裾上げ、刺繍などのサービスも充実させる。

今後は、2号店・3号店をベースに、プロショップの小型店フォーマット(売場面積200~300坪)の確立を目指す。同社のホームセンターとも連携して地域ドミナント化も図りながら、プロ需要の多い地域への出店を継続していく。また、これまでのプロショップの出店と同様に、投資コスト低減のため、居抜き物件を活用した出店を進める。さらには、プロショップで取り扱いをスタートした商品の中で、顧客の支持の高い商品については、ホームセンターでも取り扱っていく。

■本田屋 柏豊四季店
所在地/千葉県柏市豊四季269-9
定休日/12月31日、1月1日~3日、決算棚卸日(6月中旬)
敷地面積/約3896㎡(1179坪)
売場面積/約995㎡(301坪)
駐車台数/84台

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧