平和堂news|京産大卒の新入社員が新型コロナウイルス感染

(株)平和堂(滋賀県彦根市、平松正嗣社長)は3月31日(火)に本年度の新入社員が、新型コロナウィルスに感染したと発表した。


この新入社員は、3月19日(木)に京都産業大学のゼミの懇親会に参加、その後、3月28日(土)に開催した新入社員研修に参加していた。研修には、この新入社員のほか、18名の新入社員、3名の同社スタッフが参加していた。研修後に、この新入社員とともに食事をしたほかの新入社員3名が濃厚接触者と認定された。なお、うち1名が当日の研修に参加していた。この研修参加の新入社員は、すでに自宅待機となっている。また、同社スタッフも自宅待機となっているが、現時点では濃厚接触者と認定されていない。また、店舗勤務はしていない。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧