セブン&アイnews|「7pay」不正アクセス対応で会員「パスワード」一斉リセット

(株)セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区、井阪隆一社長)は7月30日(火)、バーコード決済サービス「7pay」(セブンペイ)に対する不正アクセス被害のセキュリティ強化の一環として、7iDパスワードの一斉リセットを行った。またパスワードの設定条件を変更して、セキュリティを強化した。

これにより7iD会員は、改めて新たにパスワードを設定し直す必要があるとして、会員に広報している。

同社がセブンペイを開始したのは7月1日。翌2日に「身に覚えのない取引があったようだ」と顧客から第一報が届いて、社内調査の結果、7月3日に不正アクセス利用が発覚した。7月29日(月)17時時点の被害者数は807人、被害総額は3860万5335円。ただし7月中旬以降に新たな被害は確認されていないという。

また、9月1日から予定しているセブン&アイの特典プログラム「セブンマイルプログラム」のリニューアルでは、200円(税抜)買上げごとに1マイルが貯まりnanacoポイントに交換できるとしていたが、システム全体の確認とセキュリティ対策が完了するまでの間、この交換対応を一時停止する。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧