サミットnews|ホームページでGoogleマップ活用「混雑する時間帯」情報提供

サミット(株)(東京都杉並区、服部哲也社長)は4月23日(木)、サミットホームページの各店舗ページにGoogleマップの店舗情報へのリンクボタンを設け、「混雑する時間帯」によって混雑状況を確認できるようにした。

Googleでは、ロケーション履歴を有効にしているユーザーの匿名データをもとに、時間帯別の混雑状況を棒グラフで示しているが、サミットはこのサービスを利用する。

この仕組みは、ロケーション履歴を有効にしているお客の情報をもとにしていて、すべての来店者を反映した情報ではない。しかし、混雑時間帯を避けた来店の目安になると見て、サミットではお客に情報提供していく。

新型コロナウイルス感染防止からスーパーマーケットでの3密が問題になっている。10日連続で100人を超える感染者が出て、感染拡大が深刻な東京都では23日、小池百合子知事が日々の買物は「3日に1回にしてほしい」という要請を行ったばかり。これはどの企業でもできる取り組みだから、参考にしたい。

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧