アマゾンnews|2020年オープン予定の新規スーパーマーケットの求人開始

アマゾン・コム (ワシントン州シアトル市、ジェフ・ベゾスCEO) がロサンゼルス近郊に自社開発のフルサイズスーパーマーケットをオープンするというニュースが3月に報じられたが、その続報が出てきた。

このスーパーマーケットは2020年にオープンする予定で、2017年8月に傘下に収めた「ホールフーズ・マーケット」とは異なるフォーマットおよびバナーとなるが、その詳細はまだ明らかとなっていない。ただし、アマゾンの求人情報ページにはすでに採用募集が掲載されており、そのなかでカリフォルニア州ロサンゼルス北部のウッドランドヒルズにつくる店舗を「Amazon初のグロサリー店」と称している。

現在募集しているのは、グロサリー・アソシエート(日中および夜間)、フード・サービス・アソシエート、リードなど4つの職種だ。仕事内容の欄にはPOSシステムの使用や現金の取り扱いがある旨が書かれているため、アマゾン・ゴーのようなキャッシャーレス・テクノロジーは導入されず、通常のチェックアウトが使われることがわかる。

なお、10月1日にウォールストリート・ジャーナルが報じたニュースによると、ウッドランドヒルズの店舗はトイザらスの跡地への出店で、店舗面積は約3万5000平方フィート(984坪)。またロサンゼルスのほかにも、シカゴやフィラデルフィア地域にも出店を計画している。

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧