ファーストリテイリングnews|難民にエアリズムマスク200万枚を追加寄贈

CSR

(株)ファーストリテイリング(山口県山口市、柳井正会長兼社長)はユニクロの「エアリズムマスク」約200万枚を、アフガニスタン、イラン、バングラデシュ、パキスタン、ミャンマーの5カ国の難民・国内避難民に追加寄贈する。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と、新型コロナウイルス感染症の影響で世界の故郷を追われた人たちへの支援のためである。先行して、2月末から南米・中東5カ国へ約100万枚の寄贈を進めている。合計約300万枚のエアリズムマスクは、UNHCRを通じて、特に脆弱な環境にある難民の子どもたちを中心に配布される。また、教育機会が奪われた難民・国内避難民の子どもたちへの支援を含む新型コロナウイルス感染症対策のため、10万米ドルをUNHCRに寄付する。さらに、6月17 日にユニクロのサステナビリティウェブサイト上で「世界難民の日特設ページ」を開設する。世界22の国と地域のユニクロ事業を通じて、SNS上で世界の難民の状況やUNHCRとのパートナーシップについて発信していく。

世界各地に紛争や迫害によって故郷を追われた難民・国内避難民がいる。その多くは、医療・公衆衛生のサービスが十分でない環境での暮らしを強いられている。いまだワクチン接種も十分行き届いていない状況下で、難民キャンプや都市部の密集した空間での生活には高い感染リスクがある。感染症対策の中でもとくに、子ども向けの小さなサイズで、洗濯して繰り返し使えるマスクが不足している。そこでファーストリテイリングは、ユニクロの「エアリズムマスク」を寄贈することとした。

ファーストリテイリングは、2006 年からUNHCRと連携し、世界の難民・国内避難民への衣料支援を行ってきた。2011 年には、アジアの企業として初めてUNHCRとグローバルパートナーシップを締結した。これまでユニクロとジーユー全商品のリサイクル活動で回収した衣料の難民キャンプなどへの寄贈をはじめ、緊急支援、難民の自立支援プログラム、ユニクロ店舗での難民雇用、難民問題の啓発活動、UNHCRへの従業員派遣などを行っている。

 

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧