イオン九州news|九州7県17店舗でフードドライブ活動推進

CSR

イオン九州(株)(福岡市博多区、柴田祐司社長)は、9月から九州7県全県でフードドライブ(食品の寄付)活動を開始する。

同社のフードドライブは、福岡県が推進する食品ロス削減の取り組みに賛同して2019年に北九州市の3店舗で行われ、2021年7月には福岡エリア4店舗でも開始している。

これを9月から新たに福岡県以外の6県を加え、九州7県17店舗に拡げて、各県のフードバンク団体と活動に取り組んでいく。

フードドライブ活動は、お客から「家庭で消費されずに残っている未開封の加工食品」を店頭に持ってきてもらい、その後フードバンク団体を通じて必要とされる福祉団体・施設・子ども食堂などに届ける。

フードドライブ開催期間を原則、毎月第2月曜日から翌日曜日までの7日間と設定する。回収場所は核店舗ともに1階食品売場に特設コーナーを設ける。

■県別フードドライブ活動開催店舗および県別フードドライブ活動協力団体

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧