イオンモールnews|「イオンモールのSDGs Week」9/21~9/27開催

CSR

イオンモール(株) (千葉市美浜区、岩村康次社長)は「SDGs週間(Global Goals Week)」に合わせ、9月21日(火)から27日(月)までの7日間を「イオンモールのSDGs Week」として、お客とともにSDGsへの意識を高め、行動を起こすきっかけとなる取り組みを全国のイオンモールで実施する。

イオンモールでは、4月22日の「アースデー」、6月5日の「世界環境デー」、7月7日の「クールアース・デー」など地球・環境の日に合わせ、「ライトダウン」や「衣料品回収」を実施している。「イオンモールのSDGs Week」では、「この街で、みんなで、できること。」をキーワードに、行政や地域団体、パートナー企業と連携し、それぞれの地域のお客とともに取り組む。

たとえば、イオンモール新利府南館ではNPO法人ふうどばんく東北AGAIN(あがいん)」とフードバンク活動を行う。イオンモール高崎もフードバンクに取り組む。

イオンモール伊丹では、伊丹市立図書館のことば蔵で毎年募集しているエコ川柳を館内展示する。エコ川柳は“もったいない”をキーワードに、家や職場、学校などで取り組んでいるエコや省エネに関する事柄が表現される。

イオンモールいわき小名浜では地産地消やフードロス削減の取り組みとして、福島県立磐城農業高校の生徒が開発した「梨の石けん」や「ヘルシードーナツ」「健康グッズ」など、SDGs関連商品を消化しする。

こうしたモールごとの取り組み以外にも、イオンモールとアダストリアが共同で行う衣料品回収活動「Play Cycle!」キャラバンもある。

イオンモールでは「私のまちのSDGs」特設サイトを開設して、取り組みの詳細やサステナブルな社会の実現への想いを宣言した「マイ・サステナブル宣言」を掲載していく。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧