アクシアルnews|第2Q売上高1291億円8.8%増・利益過去最高

アクシアルリテイリング(株)(新潟県長岡市、原和彦社長)が発表した2021年3月期第2四半期は、売上高1290億7300万円(前年同期比8.8%増)、営業利益71億5200万円(56.6%増)、経常利益74億6900万円(59.0%増)、四半期純利益50億5700万円(62.6%増)。内食・中食需要の高まりから前年同期に比べ売上げは大幅に増加し、第2四半期累計期間としては過去最高の実績となった。また、営業利益、経常利益、四半期純利益も過去最高の実績となった。

営業利益率5.5%、経常利益率5.8%。

アクシアルリテイリングは、新潟県を中心とする「原信」「ナルス」、群馬県を中心とする「フレッセイ」のスーパーマーケット3社で構成される。スーパーマーケット事業の売上高は1287億6500万円(8.9%増)、営業利益は69億3500万円(61.6%増)。

新型コロナウイルス感染を予防するため、まとめ買いをして来店頻度を減らすといったお客の購買行動が顕著だったことや、お盆の帰省回避、夏季の催事・祭り中止といった減少要因があり、来店客数は既存店で2.5%減少した。しかし買上点数は、猛暑の影響も押し上げ要因となり、既存店で8.7%増加した。また一品単価については、野菜相場の高騰から既存店で1.6%増加している。その結果、既存店の客単価は10.5%増加した。

売上総利益率は、0.7ポイント増加し26.5%。

また前年度に、「原信ネットスーパー」と「原信ナルスネットショッピング」をリニューアルし、「フレッセイネットショッピング」を開設したが、新型コロナの影響から、EC販売は伸長している。

原信で1店舗を移転新設し、フレッセイで1店舗を閉鎖した。9月末の店舗数は原信65店舗、ナルス13店舗、フレッセイ50店舗となり、グループ店舗数は128店舗。下期は、11月に原信寺沢店(新潟県五泉市)、(仮)フレッセイ足利福居店(栃木県足利市、時期未定)を計画している。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧