イオンnews|10/6「トップバリュ ベジティブシリーズ」本格展開

イオン(株)(千葉市美浜区、吉田昭夫社長)は、10月6日(火)から全国の「イオン」「イオンスタイル」「イオンスーパーセンター」「マックスバリュ」など約2000店舗において植物置きかえ食品「トップバリュ Vegetive(ベジティブ) シリーズ」を本格展開する。

Vegetiveとは「野菜(VEGETABLE)を前向き/積極的(POSITIVE /ACTIVE)に食事に取り入れてほしい」という思いを込めた造語。

近年、健康志向の高まりや食習慣の変化によって、植物性原料への注目が高まっている。また、2050年には世界人口が約97億人にまで増加し、より多くの食料が必要になると予測されている。

こうしたなかで、イオンは生産時に排出される温室効果ガスや必要な穀物、水の量など地球に与える負荷が少ない「植物性たんぱく質」を中心に、さまざまな植物性原料に置きかえたベジティブシリーズを企画・開発して、本格展開することにした。

展開する品目は以下の9品目で、今後順次拡大していく計画だ。

•ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティタイプ
小麦のかわりにひよこ豆と玄米を使ってつくったスパゲッティタイプ。食物繊維や鉄分をバランスよく摂取できる。240g、298円(本体価格、以下同じ)。

•豆乳からつくった クリームソース
生乳のかわりに豆乳と米みそを使って仕上げたまろやかなコクとうまみのあるパスタソース。80g、128円。

•大豆からつくったボロネーゼ
肉のかわりに大豆原料を使って肉のような食感に仕上げたトマトのコクとうまみが味わえるパスタソース。80g、128円。

•大豆からつくったハンバーグ 柚子おろしソース
肉のかわりに大豆原料を使ったフローズンタイプのハンバーグで、柚子の風味が香る和風おろしソースがついている。240g(ハンバーグ2個、ソース2袋)、298円。

•大豆からつくったハンバーグ バジル香るコク旨なトマトのソース
肉のかわりに大豆原料を使ったチルドタイプのハンバーグ。トマトペーストとトマトピューレをベースに、バジルの香る酸味を効かせたトマトソースを合わせている。180g、298円。

•大豆からつくったハンバーグ 焦がし醤油香る玉ねぎソース
肉のかわりに大豆原料を使ったチルドタイプのハンバーグ。焦がし醤油の風味とソテーした玉ねぎの甘み、りんご酢でほんのり爽やかなソースを合わせている。180g、298円。

•豆乳とココナッツオイルからつくった まろやかシュレッド
生乳のかわりに、豆乳とココナッツオイルを原料としてつくったシュレッド。チーズの代用品としてトーストやピザ、グラタン、サラダなど、さまざまな料理に活用できる。200g、298円。

•大豆イソフラボン含有 豆乳ヨーグルト プレーン
牛乳のかわりに豆乳を乳酸菌で発酵させた、大豆イソフラボンを含む無糖タイプのヨーグルト。100g当たり4.0gの食物繊維を含んでいる。400g、178円。

•豆乳からつくったプリン
生クリームや牛乳のかわりに大豆由来の豆乳クリームと豆乳を使用し、卵のコクを生かした濃厚なプリン。90g、98円。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧