イオン琉球news|トップバリュ初「ラベルレス天然水」のケース販売4/20開始

イオン琉球(株)(沖縄県島尻郡、大野惠司社長)は、4月20日(火)から県内「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」「ザ・ビッグ」全47店舗で、トップバリュとして初となる、ペットボトルのラベルを省いた商品「トップバリュベストプライスラベルレス天然水」のケース販売を開始する。

イオンは「イオンプラスチック利用方針」に基づき、2030年までに使い捨てプラスチックの使用量を2018年比で半減させることを目標に掲げている。

今回のラベルレス商品の発売はこの取り組みの一環で、プラスチックごみが減ることによる環境負荷の削減や、捨てる時にラベルを剥がす手間が省け、ごみ分別の負担軽減にもつながる。イオンは今後も、包装資材の見直しや環境配慮商品の開発などの取り組みを通じて、持続可能な社会の実現に貢献していく。

トップバリュベストプライスラベルレス天然水は1箱2000ml(本体価格350円)で、1ケース6本入り。天然水の他にも、トップバリュベストプライスラベルレス緑茶、烏龍茶、麦茶も取り揃える。いずれも1箱(525ml×24本入り)本体価格1120円。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧