ローソンnews|おにぎり・弁当・サンドイッチ・冷し麺の「糖質オフ商品」発売

(株)ローソン(東京都品川区、竹増貞信社長)は6月15日(火)から、おにぎり、弁当、サンドイッチ、冷し麺の「糖質オフ商品」5品を発売する。全国のローソン1万3938店(2021年5月末現在)で販売する。

商品は、使用するご飯の量を約4割に減らし、もち麦と大豆たんぱくに置きかえたおにぎり「昆布だしで炊いた鮭とわかめのおにぎり」(税込150円)、ご飯の代わりにもち麦と刻んだカリフラワーを使用したチルド弁当「おだしがおいしい もち麦冷し茶漬け(鶏飯風)」(税込399円)、ブラン入り食パンを使用したサンドイッチ「ブラン入りサンド チキン&ベジタブル」(税込298円)。

そして冷やし麺は、麺に使用する小麦粉の一部を食物繊維などに置き換えた「裏切りの一杯 焙煎胡麻のコク!冷し担々麺」(税込530円)、「裏切りの一杯 鶏の旨み!冷し白湯麺」(税込530円)。

ファンケルの「コロナ禍の健康意識実態調査」よれば、コロナ下で自粛生活が続くなか、ストレスを解消方法の一つに「好きなものを食べる」ことが挙げられるという。一方、リモートワークの浸透などから運動不足による“コロナ太り”が話題になるなど、健康に対する意識も高まっている。ローソンでは、糖質を抑えた商品のニーズが高まっているとみて、穀物の外皮を使用し糖質を抑えた「ブランパン」や「もち麦」を使用したおにぎりなどを発売していたが、さらに商品ランナップを増やす。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧