ファミマnews|8/31から「懐かしの看板商品復活祭」開催

9月1日(水)に創立40周年を迎える(株)ファミリーマート(東京都港区、細見研介社長)は、40周年に向けたチャレンジ「40のいいこと!?」に取り組んでいる。

「40のいいこと!?」の5つキーワードの1つである「あなたのうれしい」の一環として、創業月の9月にあわせて、8月31日(火)~9月20日(月)の期間、全国のファミリーマート約1万6600店で、「懐かしの看板商品復活祭」を開催する。

ファミリーマートや、これまで経営統合してきたam/pm、サークルK、サンクスで、弁当・おむすび・デザート・調理パンなど、当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品の中から全10商品を選んで復活発売する。

ファミリーマートは2010年3月に(株)エーエム・ピーエム・ジャパンを吸収合併、2016年9月にはユニーグループ・ホールディングス(株)と経営統合し、am/pm、サークルK、サンクスを「ファミリーマート」へブランド転換した。

198年代に発売した商品から2010年代発売の商品まで、当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品など、全10種類を復活発売する。ファミリーマートのみならず、ファミリーマートへブランド転換したam/pm、サークルK、サンクスといった思い出のチェーンからも復活商品が登場する。

復活販売する商品は以下の通り。
•「手巻 具入りラー油」(128円:税込み、以下同じ)
2010年、ファミリーマートで発売。
発売6日間で200万食を販売した大ヒット商品。当時ブームを巻き起こした「食べるラー油」をおむすびに仕立てた。辛さだけでなく、ごま油の香ばしさや、ガーリック、オニオンの旨味と食感が絡み合ったファミリーマート特製のラー油を使用しており、ご飯との相性が抜群。

•「びっくりのり弁」(530円)
2007年、サークルK、サンクスで発売。
白身フライ、コロッケ、鶏唐揚げ、ちくわ磯辺天、ハンバーグなどを盛り込んだ、ボリューム満点の弁当。

•「ビックリチキンカツ弁当」(450円)
1987年、ファミリーマートで発売。
ソースのかかった柔らかいチキンカツがどーんとのっていて、シンプルかつインパクトのある弁当。

•「パリジャンサンド(ハム&チーズ)」(298円)
1995年、am/pmで発売。
風味あるパリジャンに定番の「ボンレスハム」「ゴーダチーズ」「レタス」をサンドし、マスタードマヨで味付けした。

•「天使のチーズケーキ」(190円)
2010年サークルK、サンクスで発売。
サークルK、サンクスで展開された「天使シリーズ」のなかでも話題となった商品。窯炊きカスタードに口どけの良いチーズムースを重ねた。

•「Wクリームエクレア」(218円)
2008年、ファミリーマートで発売。
テレビ放映で話題にもなった商品。カスタードとホイップのWクリームを絞った、見た目にインパクトのあるエクレア。

•「フレッシュチーズめいっぱい Jr.」(350円)
2007年、am/pmで発売。
am/pmで展開された「めいっぱい」シリーズから「チーズケーキ」が復活した。レアチーズケーキの上に、フレッシュチーズムースを丸く絞った2層仕立てで、中に入れた甘酸っぱいラズベリーソースがほどよいアクセントになっている。

•「メロンペストリーバター」(140円)
2002年、ファミリーマートで発売。
バター風味のデニッシュ生地にバター風味のビスケット生地を被せ、グラニュー糖をのせてサックリと焼き上げた。

•「ファミチキ」(甘辛味:198円)
2016年、ファミリーマートで発売。
ファミチキとして初のフレーバー商品。今回は肉の部位を「ドラム」から「サイ」に変えて、よりジューシーになって復活した。ガーリック・生姜などの香辛料で味付けし、唐辛子・白胡椒の辛味をバランスよく組み合わせた、やみつきになる甘辛味だ。

•「プレミアムフランク」(190円)
2014年、ファミリーマートで発売。
豚肉を72時間熟成させることで肉の旨みがアップし、スモークを効かせて香り高い仕上がりになった。パリっとした食感で、噛みしめた瞬間に、肉汁があふれ出す。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

新商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧