イオンnews|イオンモール幕張新都心で6/21職域接種開始/順次拡大

イオン(株)(千葉市美浜区、吉田昭夫社長)は、6月21日イオンモール幕張新都心において、職場での従業員に対するワクチン接種を開始する。

イオンは、全国のグループ従業員へのワクチン接種を推進することによって、いち早く地域全体の接種率を引き上げることが地域の「安全・安心」に資するものと考える。

接種の対象はグループ従業員とイオンのショッピングセンターに入居する専門店従業員である。イオンモール幕張新都心をはじめとして、イオンレイクタウン、イオンモールナゴヤドーム前など全国8カ所の事業所で約5万人から開始し、順次拡大していく。

これまでイオンは全国の行政や自治体と連携してイオンのショッピングセンターを新型コロナウイルスワクチンの接種会場として提供きた。そのために約40の施設を提供し、約50の自治体と協議している。すで約30の施設ワクチン接種が開始され約2万人の住民が接種を受けている。このワクチン接種を円滑に運営するために店舗の従業員は積極的に協力している。

イオンの基本理念は、「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」である。新型コロナウイルス感染症がいち早く終息し、地域全体が安心して平和な日常生活を取り戻すことができるよう取り組んでいく。

関連カテゴリー

その他 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧