イオンモールnews|イオンモール横浜西口(仮称)、7月末に工事着手

イオンモール(株)(千葉県千葉市、岩村康次社長)は2019年2月に閉店した「ダイエー横浜西口店」跡地の土地活用と建物計画に関して、権田金属工業(株)と合意し、建物賃貸借基本協定を締結した。7月末から「(仮称)イオンモール横浜西口」が入る、商業施設の建設が始まる予定だ。

この開発事業は、権田金属工業と独立行政法人都市再生機構(UR)の共同事業で、商業施設部分を権田金属工業が、住宅施設部分をURが建設する。なお、イオンモールは権田金属工業から商業施設を賃貸借する。

(仮称)イオンモール横浜西口は「YOKOHAMA LIFE BASE」をコンセプトに商業施設を創造する。

■計画概要
所在地/神奈川県横浜市西区南幸二丁目16-1
敷地面積/約7000㎡(2118坪)

商業施設
建物設置者/権田金属工業(株)
運営管理者/イオンモール(株)
延床面積/約3万5000㎡(10588坪)
総賃貸面積/約2万㎡(6050坪)
開業予定/2023年秋

住宅施設
建物設置者/独立行政法人都市再生機構
延床面積/約2万㎡(6050坪)
戸数/約250戸(賃貸住宅)
竣工予定/2025年1月

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧