イオンnews|マックスバリュ関東・まいばすけっと北海道でレジ袋有料化

イオン(株)(千葉市美浜区、岡田元也社長)は3月1日からマックスバリュ関東(株)の全店(ショッピングセンター内で営業の4店舗を除く)、4月1日からイオン北海道(株)のまいばすけっと全37店でレジ袋の無料配布を中止する。

レジ袋の主な原料であるプラスチックは、原料である石油資源の枯渇や、ごみとして焼却処理する際の温室効果ガスの発生、また河川等に廃棄されることによる環境汚染等が世界規模で問題となっている。イオンでは無料配布を中止し、エコバッグを利用してもらうことでレジ袋使用量の削減を推進していく。SDGsの取り組みの一つだ。

また、イオン北海道では、まいばすけっとでレジ袋を必要とする人には、環境負荷の小さいバイオマス素材のレジ袋を有料で霊教する。同社は今後、総合スーパー「イオン」「イオンスーパーセンター」の衣料品や住居余暇商品の売場における現行のプラスチック製・紙製の買物袋等についても、順次、有料化を実施していく考えだ。

有料レジ袋の価格はマックスバリュ関東では大サイズ1枚2円(本体価格、以下同)、小サイズ1枚1円で販売する。また、まいばすけっと北海道ではLサイズ1枚5円、Mサイズ1枚2円で提供する。

・マックスバリュ関東の店舗ポスター

・まいばすけっと北海道の店舗ポスター

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧