百貨店news|新型コロナで大手各社週末臨時休業、平日も時短営業

百貨店各社が厚生労働省から発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」と、東京都や各自治体の新型コロナウィルス感染拡大防止に向けた自粛要請応じて対応策を発表している。

(株)高島屋は、4月4日(土)・5日(日)の2日間、首都圏の一部店舗で食料品フロアを除き臨時休業する。また大阪店を含む一部店舗で時短営業となる。

(株)三越伊勢丹は、4月4日(土)・5日(日)と、11日(土)・12日(日)の4日間、首都圏の6店舗を臨時休業する。平日については、当初4月3日(金)までとしていた営業時間の短縮措置を10日(金)まで延長する。

(株)そごう・西武も三越伊勢丹同様、4月4日(土)・5日(日)と11日(土)・12日(日)の4日間、首都圏の8店舗を臨時休業する。8店舗のうち郊外立地の西武東戸塚S.C.、西武所沢S.C、そごう川口店は食品売場のみ時間を短縮して営業する。

(株)阪急阪神百貨店は、3月2日(月)から行っていた営業時間の短縮を、4月7日(火)まで継続する。

(株)近鉄百貨店は、3月2日(月)から行っていた営業時間の短縮を、4月14日(火)まで延長する。開店時間はおおむね1時間遅らせ、閉店時間を一部早める。食料品売場についてはお客の利便性を考慮して通常通りの10:00開店とする。

(株)大丸松坂屋百貨店は、大丸東京店(食料品売場を除く)と松坂屋上野店を4月4日(土)・5日(日)の2日間臨時休業する。また、大丸京都店は4月4日(土)から14日(火)の期間、時間を短縮して営業する。

(株)東急百貨店は、首都圏の店舗で臨時休業や営業時間を短縮する。また、一部食料品専門店や駅ナカ、駅施設での展開店舗でも、営業時間の短縮や臨時休業を行う。

(株)東武百貨店の池袋本店・船橋店、(株)小田急百貨店の新宿店・町田店は、一部フロアを除いて4月4日(土)・5日(日)の2日間臨時休業する。

(株)岩田屋三越は、4月4日(土)・5日(日)と11日(土)・12日(日)の4日間は臨時休業し、それ以外の平日は営業時間を短縮して対応する。

 

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧