ライフnews|「緊急事態宣言」下の営業基本方針を発表

首都圏、関西圏で店舗展開する(株)ライフコーポレーション(大阪本社:大阪市淀川区、東京本社:東京都台東区、岩崎高治社長)は、緊急事態宣言が発せられたことを受け、新型コロナウイルス防止に伴う政府・自治体の指針に沿ったうえで、「地域の皆様のライフラインとして可能な限り営業を継続する」ことを基本方針に、以下の対応を行う。

1.営業時間の変更
緊急事態宣言による夜間の外出自粛要請を踏まえ、各店の閉店時間を変更する。
閉店時間:午後9時または午後10時(一部店舗を除く)
期  間:エリア・店舗ごとに順次、当面の間

2.チラシの自粛
店舗での過度な混雑の緩和および、商品の安定供給を図るため、当面の間、チラシの配布・配信を自粛する。

3.店内の安全対策について
従業員とお客さまの安全を確保するため、店舗の状況によって以下の対応を行う。

・レジ前待機列の間隔確保、いわゆるソーシャルディスタンシングだ。
・一部商品の販売点数の制限
・レストスペース他、店内一部設備の使用制限、もしくは中止
・現金以外の決済手段(クレジットカード、電子マネー、スマホ決済)の推奨

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧