サミットnews|緊急方針発表/時短営業・レジガード・サミCafe閉鎖など

サミット(株)(東京都杉並区、服部克也社長)は、4/7(火)に政府から改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受け、営業体制についての基本方針を発表した。

1.営業時間の変更
夜間の外出自粛要請および安定した店舗運営に対応するため、一部店舗を除き、開店時間を1時間から最大2時間遅らせ、閉店時間を30分から最大4時間早める。

2.本部社員の移動距離の短縮
外出自粛要請を受け、本部社員は通勤時の移動を少なくするため、自宅最寄の店舗で勤務する。

3.売場での感染予防対策
(1) レジに並ぶお客の間隔確保

(2) お客とレジ係との間にレジガード(透明の間仕切り)を順次設置

(3) 惣菜のコロッケ・天ぷら・焼きとり等のバラ販売商品を蓋付きバットに陳列し販売

(4) 店舗入口等への手指消毒用のアルコールスプレーの設置
(5) 有人・無人試食の中止
(6) イートインスペース・キッズスペースの閉鎖など

4.従業員の感染予防対策
(1) 全員マスク着用および手洗い・アルコール消毒の徹底
(2) 出社時の検温および記録
(3) 朝礼・ミーティング時の従業員同士の距離確保など

5.チラシ特売および割引セールの自粛
商品を安定的に供給し、店内の混雑を避けるため、 3/28からチラシ特売および一部セールを自粛

6.一部商品の販売数量の制限
より多くのお客が商品を購入できるよう、一部商品に販売数量の制限を設ける

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧