ファーストリテイリングnews|医療機関にガウン・マスク500万点を無償提供

(株)ファーストリテイリング(山口県山口市、柳井正会長兼社長)は、全国で医療資材の不足に直面している医療機関や介護施設等を対象に、アイソレーションガウン100万点、マスク400万点、そしてユニクロの機能性肌着「エアリズム」を無償提供する。

京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長が新型コロナウイルス感染症対策について、さまざまな提言をしているが、それに呼応しての支援である。

医療現場で不足している品質水準のガウンとマスクは、ファーストリテイリングが取引先工場の協力のもとで調達して、優先度の高い医療機関へ直接提供する。

アイソレーションガウン100万点と「エアリズム」は、全国の感染症指定医療機関や重症患者の受け入れを行う大学病院、感染実態把握のための検査拡充を担うPCRセンターなどを対象に、ニーズを聞き取って、6月上旬以降順次、提供していく。

また医療機関を後方で支援する地域の中小規模病院や開業医、介護施設などでもマスク不足が深刻なことから、ニーズを把握し必要な支援を実施していくために、マスク支援要請受付窓口https://www.uniqlo.com/jp/sustainability/covid-19madoguchi/を5月25日(月)午前9時~6月1日(月)正午まで開設する。

■京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥所長のコメント
「新型コロナウイルスの対策において喫緊の課題である、感染拡大抑制と医療体制の整備に不可欠なガウンとマスクを全国の医療機関等に提供されることに敬意を表します。
新型コロナウイルスは、治療薬やワクチンが開発されるまでの間、社会全体が協力し、社会経済活動の一定の制限と再開とを繰り返しながら、共存していく必要があるものです。今回のファーストリテイリングによる支援をはじめ、さらにさまざまな支援と協力の輪が継続的に広がっていくことを願います」

ファーストリテイリングは3月26日、新型コロナウイルス感染症対策支援として国内外の医療機関等へ医療用を中心にマスク1000万枚を無償で提供することを表明した。これまでに日本をはじめ世界19の国と地域へ提供している。日本では、5月中旬までに政府のマスクチームを通じて計100万枚超の提供が完了している。4月30日には、国内医療機関への追加支援として、都道府県や日本看護協会などを通じて医療機関向けにアイソレーションガウン20万点ならびに「エアリズム」の寄贈を表明して、5月末までに提供が完了する予定だ。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧