ライフnews|「プラスワンプロジェクト」、首都圏でPB牛乳を6月低価格販売

(株)ライフコーポレーション(東京本社:東京都台東区、岩崎高治社長)は、農林水産省が4月21日(火)から緊急に開始した日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」に賛同し、消費喚起のためにプライベートブランド(PB)「スマイルライフ北海道牛乳1000ml」を6月の1カ月間、首都圏店舗で低価格で販売する。セントラルスクエア業態を含むライフ首都圏全121店舗で扱う。

新型コロナウイルス感染拡大により、学校の休校や商業施設の休業が相次ぎ、消費・需要が大きく減少し、多くの生乳が行き場をなくしている。緊急事態宣言が解除されて乳製品が製造されるスピードには限界があるため、原料である生乳の一部は行き場を失い廃棄されることになる。

農水省では6月までの生乳生産のピークを乗り切ることができれば、生乳の廃棄といった危機を回避することができると見て、「プラスワンプロジェクト」を開始した。

ライフではPB牛乳を低価格販売することで、お客の家計の負担を軽くすると同時に、生乳生産者を応援する。

多くのスーパーマーケットではこのプラスワンプロジェクトに賛同した取り組みを進めているが、ライフのように1カ月にわたって取り組むケースは珍しい。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧