ローソンnews|東京・愛知・福岡の店舗従業員が新型コロナ感染

(株)ローソン(東京都品川区、竹増貞信社長)は、東京と愛知と福岡の3店舗の店舗従業員が、新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

1.「ローソン熱田一番一丁目店」(名古屋市熱田区)の従業員は、7月16日(木)から28日(火)の最終出勤日までに8日間勤務していた。7月30日に体調不良のため医療機関を受診し、PCR検査を実施。30日(木)に陽性と判明した。同店は30日(木)17時30分から休業している。消毒・清掃作業を実施する。他従業員の自宅待機措置、健康状態確認(現在、体調不良者は無し)を行う。

2.「ローソンJPローソン東京中央局店」(東京都千代田区)の従業員は、7月19日(日)から30日(木)の最終出勤日までに8日間勤務していた。31日(金)に発熱の症状が有り医療機関を受診、PCR検査を実施。8月2日(日)に陽性と判明した。同店は8月2日(日)14時から休業している。消毒・清掃作業を実施する。他従業員の自宅待機措置、健康状態確認(現在、体調不良者は無し)を行う。

3.「ローソン天神二丁目店」(福岡市中央区)の従業員は、7月21日(火)から8月1日(土)の最終出勤日までに3日間勤務していた。8月1日(土)に医療機関を受診、PCR検査を実施。8月2日(日)に陽性と判明した。同店は8月2日(日)20時から休業している。消毒・清掃作業を実施する。他従業員の自宅待機措置、健康状態確認(現在、体調不良者は無し)を行う。

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧