アマゾンnews|東京都青梅市と千葉県流山市に新しいFCを開設

アマゾンジャパン合同会社(東京都目黒区、ジャスパー・チャン社長)は、新たな物流拠点として「アマゾン青梅フルフィルメントセンター」(東京都青梅市)と「アマゾン流山フルフィルメントセンター」(千葉県流山市)をそれぞれ開設する。「青梅フルフィルメントセンター」は9月22日から、「流山フルフィルメントセンター」は10月13日から稼働する。

延床面積は「青梅フルフィルメントセンター」が6万7518 ㎡(2万0424坪)、「流山フルフィルメントセンター」が11万9959㎡(3万6288坪)。

この2つのFCが完成すると、国内のFCは20カ所以上となり、商品保管能力は10%以上増加し、合計で1500万立方フィート(4247.5立方メートル)以上に上る。

今回の物流拠点の拡充によって、これまで以上に幅広い商品を揃え、より迅速に商品を届けることができるシステムを構築する。

新しく開設されるFCには、Amazon Robotics(AR)、高度な技術、自動化機能が搭載されている。これらの革新的な技術は効率性を高め、注文の処理を迅速に行い、商品をトラックに素早く積み込み、顧客への迅速な配送を実現する。

また、このFCの開設によって、多様な雇用機会が創出される。さまざまな働き方で、アマゾンの物流ネットワークにおける役割を担ってもらう。研修やスキルアップの機会を通じて学習し、成長する機会も提供される。

アマゾンジャパン合同会社 FC事業統括本部長の島谷恒平氏が次のようにコメントしている。
「東京と千葉はアマゾンにとって重要な地域です。物流拠点の拡充、テクノロジーへの重点的な投資は、アマゾンの地域社会活性化へのコミットメントを表します。今回の新しいFCの開設で、数千人規模の雇用機会が創出されることを楽しみにしております。拡充により、販売事業者の方々にとってもアマゾンのフルフィルメントサービスをより身近に利用できるようになり、お客様への距離と時間が担保されます」。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧