セブン-イレブンnews|スマホ活用コンビニ収納サービス「PAYSLE」12月開始

(株)セブン‐イレブン・ジャパン(東京都千代田区、古屋一樹社長)は、(株)ブリースコーポレーションと、スマートフォンを活用したコンビニ収納サービス「PAYSLE(ペイスル)」を取り扱う旨の基本合意書を締結した。2018年12月中旬からセブン-イレブン全店での開始を目標にしている。

「PAYSLE」は、公共料金や通信販売の代金等の現金支払いの際に用いている紙の払込票に記載されたバーコードを、あらかじめスマートフォンにダウンロードしたアプリケーションの画面上に表示させることにより、コンビニの店頭で決済を実現するものだ。

従来は、コンビニの店頭レジで支払う際に、請求事業者から郵送される払込票やコンビニ店内の情報通信端末で発行した払込票の提示が必要であった。しかしこの新サービスにより、お客はスマートフォンのアプリケーションに表示される電子バーコードを提示するだけで、支払いができる。

2017年にはミニストップとセコマ、2018年にはローソンと順次拡大しており、このセブン-イレブン全店での開始により、国内コンビニエンスストア店舗の約7割で「PAYSLE」の利用が可能になる。

「PAYSLE」の導入事例は、オルビス(株)が提供する「ORBISアプリ」、(株)アミューズの公式オンラインショップ「A!SMART」等に続き、取り扱いコンビニの拡大に伴い、携帯・公共料金、通信販売、クレジット、生損保、教育、住宅管理など多様な分野の企業・団体で導入が検討されている。

コンビニ収納サービスを取り扱う各社は、(株)しんきん情報サービスは2018年度中、(株)ファミリーマート、(株)ポプラ、国分グローサーズチェーン(株)は2019年度中、山崎製パン(株)は2020年3月までの取り扱い開始を目指している。

(株)ブリースコーポレーションは、日本電気(株)と(株)三井住友銀行が2014年12月に資本金3億千万円で設立した共同出資会社で、出資比率はNECが85.1%、SMBCが14.9%。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧