J.フロントニュース|大丸・松坂屋「飽食と饑餓を同時に解決するフェア」実施

J.フロントリテイリンググループは、営業活動を通じて社会に貢献するため、5月17日(水)~6月27日(火)まで、大丸・松坂屋で開発途上国の子供たちに学校給食をプレゼントする「2017年初夏のTABLEFORTWOフェア」を実施する。

特定非営利活動法人(TABLEFORTWOInternational、以下TFT)は、世界の食料問題の解決に取り組む日本発の団体である。現在、世界では70億人のうち約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しんでいる。その一方で20億人近くが過食による肥満状態にあるといわれている。この深刻な食の不均衡を解消するため、先進国で寄付金付きのヘルシーメニューを販売し、健全な食生活を啓発する一方、その寄付金で飢餓問題を抱える開発途上国に学校給食を届けるという「飽食と饑餓を同時に解決する」取り組みを続けている。

J.フロントリテイリングのグループ会社であるJ.フロントフーズは、その趣旨に賛同し、大丸・松坂屋の店舗で運営するレストラン・カフェ、また従業員食堂でヘルシーメニュー提供する。そのメニュー価格には、開発途上国の学校給食1食分に相当する20円の寄付金が含まれており、給食1食を届けることができるしくみとなっている。

また、J.フロントフーズでは、TFTの活動を支援している関西、東海、東京地区の大学生と連携し、ヘルシーメニューの開発をしている。今回は大丸札幌店で、藤女子大学の学生がカロリー計算や試食会などして完成したメニューを提供する。

実施店舗は12店舗で、そのうちヘルシーメニューを提供するのは8店舗。参加するレストラン・カフェ30店と松坂屋豊田店の従業員食堂を合わせて31カ所となる。また期間中は、ヘルシーメニューを提供していないレストラン・カフェにも募金箱を設置し、活動への理解を促進する。

[大丸]
梅田店(群鶴たづむら)
京都店(讃兵衛、たづむら、バルダルノ、ファミリー食堂、神戸風月堂、caféゆとりの空間、フラッグスカフェ、茶房アドニス福寿草、アフタヌーンティー・ティールーム、イノダコーヒー、築地寿司清)
神戸店(讃兵衛、鶴群たづむら、caféゆとりの空間)
札幌店(讃兵衛、たづむら、はん、UCCカフェコンフォート、イノダコーヒー、caféゆとりの空間、チャイナティーハウス茶語)
心斎橋店、東京店、博多大丸店(募金箱設置のみ)

[松坂屋]
名古屋店(松栄堂、はらのキッチンプラス、カトレヤダイニング)
上野店(カトレヤ、銀サロン、茶寮銀座清月堂)
静岡店(カトレヤダイニング)
高槻店(ダイニングカフェカトレヤ)
豊田店(従業員食堂)

検索ワード;J.フロントリテイリング J.フロントフーズ 飽食 飢餓 募金

関連カテゴリー

販促 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧