トライアルnews|「スーパーセンタートライアル鹿島店」(佐賀県)8/31改装開業

(株)トライアルカンパニー(福岡県福岡市、楢木野仁司社長)は、「スーパーセンター トライアル鹿島店」を8月31日(金)にスマートストアとして リニューアルオープンさせた。

同店開店に先立ち、去る2月14日に「トライアル アイランドシティ店」(福岡県福岡市)を「スマートストア」第1号店として開業している。

「トライアル アイランドシティ店」では、⑴AI活用のスマートカメラによる顧客の購買行動分析システムと、⑵(株)Remmo(東京都千代田区、粥川直人社長)と共同開発したタブレット付きのレジカートを導入した。

「スーパーセンター トライアル鹿島店」では、それに加えて、⑶デジタルサイネージを76台導入する。

同店のデジタルサイネージは、複数の売場とサイネージが連動した日本初の試みだ。顧客が「買いやすくなる(購買意思決定の軽減)」買物体験の提供を目指す。一般的に8割と言われている非計画購買者への訴求が売場で可能になり、計画購入であるECとは異なった買物体験を顧客に提供できる。

同社のサイネージでは必要な情報をだけを表示する。まず、トライアル独自のお買い得情報から開始し、取り組みメーカーと連動したよりお得な情報の提供へと拡大していく。

レジカートには2つの機能が搭載されている。
1つは、セルフレジ機能の搭載。専用のプリペイドカードでログインしておけば、通常のレジを通らなくても会計を済ませることができる。顧客のレジ待ち時間を解消するとともに、レジスタッフの手間も省くことができる。

2つめは、レコメンド機能(お薦め機能)の搭載。レジカートに取り付けられたタブレット上に、売場でスキャンされた商品情報に基づいたレコメンドが表示される。顧客にとっては買い忘れの防止に、メーカーにとっては潜在的なニーズの発見につながる。

今後は、数年内に福岡県、佐賀県のスーパーセンタートライアル店舗への導入を、さらに九州全域への展開を計画している。

■スーパーセンタートライアル鹿島店概要
所在地/佐賀県鹿島市大字森字水町77番地1
営業時間/24時間営業

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧