広東イオンnews|1万3530㎡「イオン珠海奥園店」12/29SC核店舗として出店

広東イオン天河城商業有限会社は12月29日(土)、中国広東省珠海市香洲区に店舗面積4100坪の「イオン珠海奥園店」をオープンした。

中国のデベロッパー珠海奥園広場商業管理有限公司が運営する1万8800坪のショッピングセンター「珠海奥園広場」の核店舗としての出店だ。

珠海奥園広場のある珠海市香洲区は、政治、経済、文化、交通、金融の中心地で、ビーチリゾートも併設する人気の観光スポットだ。また、中国が国家プロジェクトとして推進している香港と珠海、マカオの三都市をつなぐ「港珠澳大橋」にも近い。バスなど公共交通の便も良好なので、広域からの集客も見込まれる。

メインターゲットは30~40代の中間所得層だ。都市型ライフスタイルを提案して、「安全・安心」「健康・美容」「便利・簡単」を強化する。

食品売場は、共働き世帯の時短ニーズに対応して、栄養バランスと素材を厳選したパスタやサラダなどの惣菜を強化する。また低温殺菌牛乳・ヨーグルトなども充実させる。鮮魚売場は、環境に配慮したMSC認証、ASC認証の水産物を集めた専門売場を設けて、安心・安心を届ける。さらに、季節に合わせた料理の実演調理や試食コーナを設置して、健康的な食生活をサポートする。フードコートは120席用意して、寿司、たこ焼き、お好み焼きや焼き鳥など出来立ての和食を中心に展開する。つまりは「日本化」であり、それがイオンの強みであるという認識だ。

H&BC売場は、美容や健康に関する商品をワンストップで買物できるように、化粧品売場に美容家電や健康グッズの売場を併設した。

暮らしの品売場は、イオンのリビング、ダイニング用品のブランド「ホームコーディ」を導入する。キッチン用品売場では、中華料理だけでなく、和食や洋食用の食器を取り揃える。さらに、部屋を彩るリネン用品や収納商品など、都市型ライフスタイルを提案する。

中国では二人っ子政策導入以降、キッズ商品の需要が拡大している。妊娠・出産からベビー、幼児、キッズまで、成長段階に合わせて安全・安心・安産に配慮したマタニティ用品、ベビー・キッズ用品などの衣食住を一カ所に集約して、こちらもワンストップ式のキッズワールドを展開する。

結果として、香港を含めたイオングループの中国における総合スーパーは57店舗となる。

■イオン珠海奥園店 概要
住所/珠海市香洲区梅界路237号
店長/温均挙(オン ジュンジュ)
店舗面積/1万3530㎡(4100坪)
ショッピングセンター面積/6万2000㎡(1万8800坪)
駐車場台数/1500台
営業時間/10:00~22:00(年中無休)
従業員数/約220人

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧