マックスバリュ東海news/浜松初の小型店「MVエクスプレス浜松常盤町店」

マックスバリュ東海(株)(静岡県浜松市、神尾啓治社長)は11月26日(木)、浜松エリアでは初の小型店となる「マックスバリュ(MV)エクスプレス浜松常盤町店」を出店する。

JR東海道線の浜松駅から直線距離で北へ約700mに位置する。同店の出店で、浜松市内での店舗数は11店舗となる。マックスバリュ東海では230店舗目だ。

204坪の小型店ながら品揃えや価格優位性はそのままに、欲しい時に欲しい商品を購入できる売場構成とする。生鮮・デリカ部門をはじめ、日配品、加工食品、非食品でも日常の暮らしに必要な品揃えを確保する。

生鮮は食べきり、使いきりを意識した小容量商品を拡充する。店舗周辺で製造される「じもの」商品の導入を強化して、普段使いに便利な地域に密着した店舗運営を目指す。

また会計と商品の袋詰めを一連の流れで行うカウンターレジの採用や、18席のイートインコーナーを設ける。この店舗を社員1名を含む20名で運営する。

■マックスバリュエクスプレス浜松常盤町店
住所/静岡県浜松市中区常盤町144番15
開店日/2020年11月26日(木)
営業時間/24時間営業
駐車台数/2台
駐輪台数/15台
直営売場面積/674㎡(204坪)
店長/橋本大輔
従業員数/20名(パート・アルバイト8時間換算人員/うち正社員1名)

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧