ラルズnews|ビッグハウス大麻店を「スーパーアークス」に9/23改装オープン

アークスグループの中核企業である(株)ラルズ(札幌市中央区、猫宮一久社長)は9月23日(木)、北海道江別市にある「ビッグハウス大麻店」を改装し、「スーパーアークス大麻店」に業態転換する。江別市では初の「スーパーアークス」となる。売場面積は790坪。

生鮮食品は鮮度にこだわった旬の商品を強化展開する。青果コーナーでは人気のベビーリーフ、グリーンクリスピーなどの洋菜や、栄養価が高いブロッコリースプラウトなどの発芽野菜、洗わずにそのまま食べられるカットサラダを新たにコーナー化する。地場生産者コーナーも新設し、江別市場から直接仕入れた野菜を品揃えする。人気のカットフルーツコーナーでは、気軽に旬の果物を食べられるよう少量パック商品の品揃えを強化する。

水産コーナーでは、ラルズ自慢の「地中海マルタ産本まぐろ」を中心としたまぐろ売場を充実させる。また「お刺身バイキング」「さかなやの寿司」コーナーを新設する。「お刺身バイキング」は好きな種類の刺身を4点1000円(税別)で販売するというもの。

食肉コーナーでは、大容量パックをお買い得価格で提供する。強い旨味と柔らかな肉質が特徴の「和豚もち豚」や、臭みが少なく栄養価が豊富な「北海道産桜姫鶏」など、味や産地にこだわった商品をリーズナブル価格で提供する。

デリカコーナーではでき立ての商品を提供するために専用機器を新規導入し、「ラルズ流広島風お好み焼き」や「玉子焼き」などの鉄板調理メニューを販売する。また、札幌市を中心に全道展開している焼鳥専門店「串鳥」の焼鳥コーナーを設ける。

さらにベーカリーコーナーを新設して、角食やバターロールなどの食事パン、カレーパンなどの惣菜パン、菓子パンを「100 円ベーカリー」として展開する。また専用オーブンで焼き上げるピザや、店内加工のシュークリームやタルトなどのスイーツも販売する。

「地産地消」を応援するために日配品や酒、クラフトビールといった地元企業の商品を強化する。地産地消によって輸送コストの削減や環境負荷の軽減、地域経済や文化の活性化へつなげていく。

■スーパーアークス大麻店
所在地/北海道江別市大麻ひかり町 30-2
売場面積/2612㎡(790坪)
駐車台数/300台
店長/高橋 和也
オープン日/2021年9月23日(木)
営業時間/9:00~21:00
休業日/元日、臨時休業日

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧