イオンnews|店舗運営のCO2排出量削減の施策「四電WAONプラン」12/2開始

イオン(株)(千葉市美浜区、岡田元也社長)は、12月2日から、四国電力が提供する新たなサービス「四電WAONプラン」の募集を開始する。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)による、太陽光発電の買い取りが終了するお客が対象となる。提供エリアは、香川県、愛媛県、徳島県、高知県(香川県・愛媛県の一部除く)だ。

四電WAONプランは、家庭の太陽光発電による余剰電力を四国電力が買い取り、買い取った余剰電力に含まれるCO2排出量ゼロの環境価値をイオンの店舗へ提供する。また、四国電力の定める買取単価(2019年度は税込7円/kWh)での買取りに加えて、1kWh当たり1WAONポイントを進呈するサービスだ。

イオンは、提供を受けたCO2排出量ゼロの環境価値を、店舗運営のCO2排出量削減に充てる。

イオンは、2018年3月に「イオン脱炭素ビジョン2050」を発表し、2050年までに店舗で排出するCO2等を総量でゼロにすることを目指している。また、中間目標として2030年までに店舗で排出するCO2を総量で35%(2010年比)削減することを定め、省エネルギーにとどまらず、再生可能エネルギーの活用拡大にも取り組んでいる。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

戦略 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧