ホールフーズnews|フェアファックスのSCに新コンセプト店をオープン?

ホールフーズはバージニア州フェアファックス市のショッピングセンター(SC)に新店計画を立てているが、それが新コンセプトの店となる可能性が明らかとなった。ワシントン・ビジネス・ジャーナルが報じている。


(画像はブルックリンの環境対策店)

ホールフーズは2016年11月に低価格かつやや小型の新フォーマット「365 by Whole Foods Market」をオープンした。しかしわずか2年後の2019年1月にこのタイプの店舗は新規出店しない方針が打ち出された。

フェアファックスのSCへの出店計画は当初、「365」フォーマットが予定されていたが、このホールフーズの戦略転換によって、先行きが不透明となっていた。しかし、フェアファックス市の経済開発ディレクターであるクリス・ブルーノは「ホールフーズはフェアファックスに何らかの食料品店をオープンする計画を当局に約束している」と語っている。また、SC開発会社のRegency Centers Corp. も「ホールフーズの新しいコンセプトの店になるだろう」という見解を示しているようだ。

出店予定のショッピングセンターは新設ではなく、リニューアル。小売部分の売場面積は約4万8000平方フィート(約4459㎡)で、そのうちの約3万平方フィート(約2787㎡)がホールフーズのスペースとなる模様。

そのほかの詳細については明らかになってはいないものの、ブルーノ氏は「フェアファックスの新店はホールフーズが立ち上げる予定の2つの新コンセプトのうちの1つ。もう1つはおそらく西海岸のどこかになるだろう」と語る。

なお、ホールフーズ広報はこの件についてのコメントを拒否している。

 

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧