ローソンnews|「MACHI café」タンブラー持参キャンペーンで販売量2.5倍

CSR

(株)ローソン(東京都品川区、竹増貞信社長)は、プラスチック容器の使用量削減を目的に、7月20日(火)から8月30日(月)までの期間、全国の「MACHI café」導入の約7500店舗で、タンブラーを持参したお客に39円引きでコーヒーとカフェラテを販売するキャンペーンを実施した。この取り組みは社内でアイデアを募集して実施したもの。

ローソンでは2011年の「MACHI café」導入当初から、タンブラーなどの容器を持参したお客に通常価格から10円引きの価格で提供してきた。キャンペーン期間中、39円引きにしたことで、タンブラーを利用したコーヒーの販売数は約2.5倍となり、コーヒーのリッド(フタ)に使用するプラスチック約0.7トンの削減につながったという。

ローソンは2030年に2017年度対比で容器包装プラスチック使用量を30%削減することを目標としている。9月14日(火)からは、東京都、埼玉県、千葉県の約30店舗で、蓋付きの容器を持参すると、おでん5個購入ごとに39円引きとなる「おでん鍋割セール」を実施している。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

CSR

CSR 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧