西松屋news|10月度既存店売上高23.7%増/客数伸長・秋冬物衣料好調

(株)西松屋チェーン(兵庫県姫路市、大村浩一社長)の9月11日~10月20日の既存店売上高は123.7%と好調だった。客数は114%と大きく伸び、客単価も108.1%だった。

既存店、新店、インターネット販売を合計した全社の売上高前期比は124.4%と。こちらも客数が115.8%と好調で、客単価は107.4%。

10月度は子ども衣料においては、気温の低下にともない、秋冬物衣料の売上げがきわめて好調に推移した。加えて、ベビー・マタニティ、育児・服飾雑貨の売上高も好調だった。

9月24日にアシコタウンあしかが店(栃木県足利市)、10月8日にホーマック音更店(北海道河東郡音更町)と徳島新浜店(徳島県徳島市)の3店舗を出店し、4店舗を閉鎖した。10月20日時点の店舗数は1006店舗。

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧