アークスnews|11/17(株)オータニと経営統合に向けて基本合意書を締結

M&A

(株)アークス(北海道札幌市、横山清社長)は、同社を完全親会社、(株)オータニ(栃木県宇都宮市、大谷章社長)を完全子会社とする経営統合に向けて検討・協議を進めていく。11月17日、両社の取締役会の決議に基づいて基本合意書を締結した。

食品スーパーマーケット業界においては、長期に渡って低迷する消費環境のなか、業種、業態を越えた激しい競争が常態化している。2019年10月に実施された消費増税によって、消費者の低価格志向はより顕著となっている。加えて2020年の年初から発生した新型コロナウイルス感染症の拡大によって、消費者の購買行動のみならずライフスタイルそのものが大きく変容してきている。そのため、今後の経営環境について見通すことが極めて困難になっている。

このような状況の下、オータニが創業以来築き上げてきた営業基盤と企業体質をさらに強化させるためには、アークスグループとの経営統合がより良い施策であると判断するに至った。両社の経営統合によってアークスの商品調達力、店舗運営力、および情報システムなどの経営インフラを最大限に活用し、グループシナジーを享受する。

アークスは、2002年11月のグループ発足以来、北海道・東北地方においてスーパーマーケット事業子会社9社を中心に343店舗を展開する。地域企業同士が大手企業に対抗していくための受け皿会社として、企業と企業を結ぶ懸け橋になりたいという強い思いで事業を展開してきた。広く北海道から北関東地方へと続く東日本エリアにおいて食品流通企業グループを形成することが、同社のコーポレートステートメントである「豊かな大地に輝く懸け橋」に資するものと考えている。

オータニは、1946年6月の創業、1982年9月設立で、「お店はお客様のためにある」という経営理念を貫く。健康・本物志向の顧客ニーズに応える「フードオアシスオータニ」と、徹底的なローコスト運営によって地域一番の低価格で販売する「スーパーオータニ」を、栃木県下を中心に31店舗展開している。オール日本スーパーマーケット協会に加盟している。

経営統合の日程は以下の通り。
基本合意書締結の取締役会決議日(両社) 2020年11月17日
基本合意書締結日(両社間) 2020年11月17日
デューディリジェンス実施 2020年11月中旬以降(予定)
最終契約締結日 2021年1月上~中旬(予定)
経営統合の効力発生日 2021年3月1日(予定)

■株式会社アークス
所在地/札幌市中央区南十三条西11丁目2番32号
代表者/横山清代表取締役社長
事業内容/スーパーマーケット事業等を行う国内外の会社の株式または持分を取得、所有することにより当該会社の事業活動を支配、管理する純粋持株会社
資本金/212億0500万円
設立年月日/1961年10月28日
発行済株式数/5764万9868株(2020年2月29日現在)
決算期/2月末日
従業員数/5132人(連結)(2020年2月29日現在)
主要取引先/三菱食品(株) (株)シジシージャパン 国分北海道(株)(連結)
主要取引銀行/(株)北海道銀行 (株)北洋銀行 (株)三菱UFJ銀行
大株主および持株比率/横山清 5.36%  (株)北海道銀行 4.48%  (有)丸治 2.54%  日本マスタートラスト信託銀行(株)
(信託口)2.51%  (株)北洋銀行 2.50%(2020年2月29日現在)

■株式会社オータニ
所在地/栃木県宇都宮市平出工業団地37番3
代表者/大谷章代表取締役社長
事業内容/スーパーマーケットの経営
資本金/9820万円
設立年月日/1982年9月1日
発行済株式数/1964株(2020年8月31日現在)
決算日/8月末日
従業員数/379人(2020年8月31日現在)
主要取引先/国分関信越(株) 日本酒類販売(株) (株)日本アクセス
主要取引銀行/(株)足利銀行 (株)三井住友銀行 (株)栃木銀行
大株主および持株比率/大谷伸 50.18% 大谷和江 24.99% (有)バックス・プランニング15.35%  大谷章 9.48%(2020年8月31日現在)

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

M&A

M&A 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧