セブンーイレブンnews|「7pay」と国内3社・中国2社のスマホ決済7/1導入

(株)セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区、永松文彦社長)は、セブン&アイ独自のバーコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」を、全国のセブン‐イレブン2万0925店(2019年4月末現在)で7月1日から開始する。

「7pay」はセブン&アイ・ホールディングス傘下の(株)セブン・ペイが提供するバーコード決済サービスだ。セブン‐イレブンアプリ内から最短2タップの画面遷移で登録が完了し、支払い時もボタン一つで「かんたん」にバーコードを表示できる。7payへのチャージは、店頭レジ、セブン銀行ATM、各種クレジットカードなどでできる。

また、「7pay」導入時には、「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」の国内3社、「アリペイ(Alipay)」「WeChat Pay(微信支付)」の中国2社を加えた5社のバーコード決済サービスも利用できる環境を整える。これら複数のバーコード決済サービス開始には、レジ操作時に店舗の従業員が、ボタン一つですべてのバーコード決済に対応できるような新たなシステムを導入する。加盟店側の負荷軽減を図るためだ。

「7pay」の支払いでは200円(税抜)で1nanacoポイントが貯まるほか、期間限定のキャンペーンなど特典を付ける。

流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜
流通手帳2022年度版流通関連データ60ページ付き~ノウハウを持ち運び〜

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧