セブン-イレブンnews|自律走行型配送ロボットによる屋内配送実験

(株)セブン‐イレブン・ジャパン(東京都千代田区、永松文彦社長)とアスラテック(株)、ソフトバンク(株)の3社は4月21日(木)、三菱電機(株)と東急不動産株の協力のもと、東京都港区にあるソフトバンクが入居する東京ポートシティ竹芝オフィスタワーで、自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を使用して商品の配送を行う実証実験を本格的に開始する。

3社は、ソフトバンクの社員が「セブン‐イレブンネットコンビニ」で注文した商品を、東京ポートシティ竹芝オフィスタワー内のセブン‐イレブン店舗から同じフロアの指定された場所まで、アスラテック社のロボット「RICE」を使って配送する実証実験を1 月18日(月)から試験的に行ってきた。セブン‐イレブンネットコンビニはセブン‐イレブンの商品をスマートフォンで注文し、指定した場所で受け取れるサービス。

この実績を踏まえ、実証実験では「RICE」とエレベーターを連携させて、他のフロアへの配送を行う。

エレベーターのフロア間移動には三菱電機のIoTプラットフォーム「Ville-feuille™(ヴィルフィーユ)」を利用する。Ville-feuilleは、ビル内設備の稼働データなどを収集・蓄積し、AIやビッグデータ解析などの最先端技術を活用してデータ処理を行うIoTプラットフォームで、自走式サービスロボットの位置情報をもとに、エレベーターなどのビル内設備を制御し、ロボットのビル内での移動を支援する。

セブン‐イレブン店舗のスタッフは注文された商品をRICEに載せて配送先を選択する。RICEは指定されたフロアへエレベーターで移動する。配送先に到着すると、注文者のスマートフォンに暗証番号が通知され、その暗証番号をRICEに入力して商品を取り出すという流れだ。

この実証実験を通して、セブン‐イレブンは商品のさまざまな配送方法の可能性を検討し、ラストワンマイルの取り組みを進めていく。またアスラテックは、多様な業種や施設でのRICE導入に向けて検証する。そしてソフトバンクは東急不動産とともに、竹芝エリアにおいて最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティのモデルケースの構築に取り組む。

新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~
新時代のアプリ戦略「チラシを廃止しても成功した小売店の秘訣」 ~導入効果を最大化させる5つの方法~

関連カテゴリー

システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧