コストコnews|Uberと提携/テキサス州25店でグロサリー配達実験

会員制倉庫型チェーンのコストコホールセール(ワシントン州イサクア市、クレイグ・ジェラインクスCEO)は7月21日、ウーバー(Uber)・テクノロジーズと提携してグロサリー配達のテストを行うと発表した。

顧客はUberまたはUber Eatsのアプリから注文する。最低注文金額は35ドルに設定されている。なお、会員向けサービスの「Uber Pass」または「Eats Pass」に加入している場合は配達料が無料となる。

注文された商品は配車サービスの「Uber」または「Uber Eats」によって、注文後1時間以内に届けられる。テストするのはテキサス州の25店舗。数週間以内に、まず7店舗でテストを開始する予定である。

ウーバーは最近、スーパーマーケット・チェーン大手のアルバートソンズとの提携も発表していて、グロサリー配達の地域が、サンフランシスコやフィニックスを含め400都市以上に増えている。

一方のコストコは、インスタカートとも提携している。今回のウーバーとの提携は、グロサリー配達の需要増加を示唆している。コストコは傘下企業であるコストコ・ロジスティックスによる大型商品などのデジタル販売も行っており、その配送数は急増している。

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧