2月大店立地法届出|ららぽーと沼津、サンエー宮古島シティなど49件の申請

経済産業省から2019年2月の「大規模小売店舗立地法にともなう新設届出申請」が発表された。申請件数は49件だ。

北海道2(北海道1 札幌市1)
東北   3(青森県2 福島県1)
関東 12(茨城県2 栃木県1 群馬県1 千葉県1 東京都2 山梨県1 静岡県2 横浜市2)
中部   7(愛知県2 岐阜県2 石川県3)
近畿 7(福井県1 滋賀県1 大阪府1 兵庫県2 京都市1 大阪市1)
中国 5(鳥取県1 岡山県2 山口県1 岡山市1)
四国 1(愛媛県1)
九州 11(福岡県3 長崎県1 熊本県1 大分県1 宮崎県1 鹿児島県2 福岡市1 熊本市1)
沖縄 1(沖縄県1)

最大面積の物件は、静岡県沼津市の(仮称)ららぽーと沼津で4万4000㎡(1万3333坪)。三井不動産(株)が展開するリージョナル型ショッピングセンターのららぽーとが、静岡県東部エリアに初進出する。4階建てで1~3階は店舗、4階は屋上駐車場だ。食品スーパーの(株)三和が静岡県に初出店する。ファッションや雑貨では、H&M、アカチャンホンポ、ロフト、ダイソーなどが入居する。また、フードコートには、いきなりステーキ、リンガーハット、築地銀だこなど多数出店予定だ。開設は10月9日。


[三井不動産リリースより]

ほかに1万㎡以上の物件が2件。
滋賀県大津市の「(仮称)大津びわこ競輪場跡地商業施設」は1万3025㎡(3947坪)。大和リースが開発する商業施設と公園を併設する複合施設だ。核店舗はマックスバリュ中部で、11月15日に開設予定。

沖縄県宮古島市の「(仮称)サンエー宮古島シティ」は1万2649㎡(3833坪)。開発するのは、沖縄県内でスーパーマーケットやショッピングセンターを展開する(株)サンエー。核店舗はもちろんサンエーだ。建設地は宮古空港向いのドーム型スポーツ観光交流拠点施設「JTAドーム宮古島」の隣。1階は食品売場と電気館、2階は衣料品売場やフードコートなどだ。3階と屋上には駐車場を設置する。開設は2年後の2021年6月1日を予定している。

ほかにも5000㎡以上が2件。
千葉県市原市の「(仮称)アクロスプラザ市原更級新築工事」は6669㎡(2021坪)。核店舗はニトリホールディングス。オープン日は10月25日。

茨城県つくば市の「(仮称)みどりの駅南複合施設 新築工事」は5988㎡(1815坪)。核店舗はスーパーマーケットのカスミとカワチ薬品。10月5日に開設する。

石川県白山市の「アルビス北安田店 クスリのアオキ北安田南店」は5312㎡(1610坪)で、10月27日にオープン予定だ。

(経済産業省出典の資料をもとに商人舎にて作成)

詳細は⇒大規模小売店舗立地法(新設)届出の概要【2019年2月末】

関連カテゴリー

統計 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧